乾燥肌の方!肌をつやつやにできる食べ物とは?

乾燥肌の方!肌をつやつやにできる食べ物とは?

 

 

乾燥肌の人にとってお肌がカサカサになってしまうのは日常茶飯事ですが、決して慣れるものではありません。

 

出来ることならばお肌に潤いを与えて乾燥を防ぎたいところです。

 

 

そこで、お肌をつやつやにできる食べ物を紹介します。

 

 

 

まずは卵です。

 

卵にはたんぱく質やアミノ酸、ビタミンAなどが豊富に含まれているため非常に高い効果が期待できます。

 

また、一般的に潤いというとコラーゲンが有名ですが、実はコラーゲンはたんぱく質の1種であり、主成分はアミノ酸です。

 

卵はこれらの成分を効率的に摂取することが出来るので、乾燥肌の人にとってはまさに理想的な食べ物だと言えるでしょう。

 

 

 

また、たんぱく質という点では納豆も負けていません。

 

平均して1パックあたり7gほどのたんぱく質を摂取することが可能です。

 

 

納豆のたんぱく質は植物性のものであり、コレステロールが低いことも特徴的です。

 

さらに納豆にはポリグルタミン酸と呼ばれる、化粧水にもよく使われている保湿成分が豊富に含まれています。

 

やや癖のある食べ物ではありますが、その効果は計り知れません。

 

 

 

最後にお米です。

 

お米は自発的にセラミドを作り出すことが可能です。

 

つまり内側から潤いを作り出すことが出来るということです。

 

一般的な化粧水などの保湿成分は外から肌の内部に浸透させる形になりますが、それでは時間経過と共に水分がなくなってしまいます。

 

 

しかしお米から抽出した成分の場合は、肌の内部から水分を自ら生み出します。

 

そのため時間経過による影響を受けにくいのです。

 

 

この優れたお米の保湿効果は残念なことに普通に食べるだけでは得ることが出来ません。

 

 

それではどうすればよいのでしょうか。

 

 

そこで注目されているのが

 

コーセーのスキンケア化粧品「米肌(まいはだ)」です。

 

 

その名の通り、お米をふんだんに使用しており、お米から作られる成分「ライスパワーNo.11」が配合されています。

 

 

ライスパワーNo.11の働きにより、潤い成分の「セラミド」をお肌みずからが作りだすことで潤いアップを促す新感覚のスキンケア化粧品です。

 

乾燥肌に悩んでいる方には特にオススメです。

 

 

またお米に代表されるように、自然素材を中心に作られているので刺激が少なく使いやすいのが特徴です。

 

 

潤い成分セラミドをつくりだす

ライスパワーNO.11」配合!

水分保持能を改善する唯一の成分です!

 

毛穴トラブルの無い「自らうるおう肌」に!

↓↓興味がある方はこちら↓↓